スポンサーリンク

楽天市場お勧め商品

  • バナー原稿 120×60 (110131)imp

    バナー原稿 120×60_a (130913)imp



« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

ZANONE(ザノーネ) 丸首ミドルゲージ購入!

私は本当ミドルゲージ依存症です。

ミドルゲージ馬鹿ともいうかもしれません。。。

先日ザノーネKYOTOを買ったばかりだというのに、また買ってしまいました…

それもネットで衝動買い。

ミドルゲージ争奪戦第二弾はこちら↓

Dsc02783

ZANONE(ザノーネ) ミドルゲージクルーネックニット ¥14,000

色はまたネイビー。

「YOOX(ユークス)」を通じてイタリアから取り寄せました。

たまたまマイサイズが残っていて、

「送料&関税も無料キャンペーン」に惹かれてしまいました。

なのですべて込みの14,000円で手に入れることができました。

厚手のミドルゲージでこの価格なら許せるかなと。。。

それにVネックはけっこう持っているので、

丸首は案外新鮮で使えるんじゃないかなと思います。

着用写真はこちら↓

Dsc02786

一枚で着てみました。

ちょっとシンプル過ぎるので、やはりこうやって合わせたい気分です↓

Dsc02787

シャツを合わせるだけで、上品な装いになります。

それもチェックシャツが気分です。

丸首はV首とはまた違う雰囲気になります。

真冬はこの上にダウン系を着れば十分ですね。

バヴアーやM65ブルゾンなんか着るとイタリアオヤジっぽいですよね。



私がなぜこんなにミドルゲージが好きかといいますと、

ザックリとした素材感がたまらなく好きなんです。

ザックリフェチとでもいいましょうか、特にリブの部分にそそられます↓

Dsc02785

Dsc02784

このザックリ感、ハイゲージにはない味です。

写真ではわかりにくいですが、

丸首にちょっとアタリが出ているので、さらにいい味が出ています。

先日買ったKYOTOと比べてみると↓

Dsc02795_2

同じザノーネネイビーでも、若干色のトーンが違います。

ザノーネはその年によって色出しを決めるらしいので、

今回のタイプは去年以前のものでしょうか。

これでミドルゲージ5枚目。

完全に病気ですね…

でもあと一点欲しいミドルゲージがあるんです。

それが手に入れば、今年のミドルゲージ争奪戦は終わりになりますが、

果たして…

2011年9月28日 (水)

アンドレア・ダミコ スエードリングベルト購入!

秋冬物が展開され始めてから、欲しいモノがあれもこれも…

また欲しい欲しい病の再発です。

ここ最近、ネットでの購入比率がすごく高くなってきました。

もう半分以上はネットで買っています。

そして今回の購入品はこちら↓

Dsc02780

アンドレア・ダミコ スエードリングベルト サイズ85 ¥15,750

もうみなさんご存知の有名売れまくりベルトです。

定番色のダークブラウン。

バックルはシャンパンゴールドの叩き上げ。

色違いでネイビーも持っています↓

Dsc02781

ここ最近のスエードブームで、

自分の中でちょっと「スエード疲れ」みたいな症状がありました。

同じダミコでもカーフ素材のものとすごく迷いましたが、

スエードももはや定番なので、またスエード素材を選びました。

購入先はいつもお世話になっている「guji」さんです。


話題は変わりますが、

みなさんは新品時に付いてくるブランドのタグとかはどうしていますか?

捨ててしまう方もいらっしゃるかもしれません。

ちなみに私は箱に毎回保管しています↓

Dsc02782

シャツの箱に集めていますが、もう一杯になってきました。

パンツの切れ端やシャツのボタン、ニット類の予備糸などは

万が一のために保管してあります。

タグは別に必要ありませんが、なんとなくカッコイイので集めています。

ブランドによってそれぞれデザインが違うので、

眺めているだけでも面白いですね。

2011年9月27日 (火)

オロビアンコは便利!

本当は旅行用に買ったオロビアンコのシルベストラですが、

けっこう便利なうえ、旅行だけではもったいないので、

普段の買い物でも持ち歩くようにしています。

大きな荷物は入りませんが、携帯や財布などの小物系なら十分入ります。

2WAY仕様なので、旅行ではショルダー、買い物では肩掛けハンドルにしています。

それにどんな服装にも合わせやすいです↓

Dsc02740

シアサッカーJKにも合います。

Dsc02742

リネンJKにも合います。

Dsc02770

もちろんシャツにも合います。

とても軽いので、ついついこればかり持ってしまいます。

これから秋冬の格好になると、

ヴィトンのタダオやシャンボールセリエの出番が増えてきます。

2011年9月26日 (月)

GUCCIハーフラバーソール!

先日の買い物ついでにここにも寄ってきました。

先日フェランテのつま先補強をしてもらった、

靴修理店『リッシュ名古屋』です。

GUCCIのホースビットローファーにラバーソールを張ってもらったんです↓

Dsc02772_2

ビブラムハーフラバーソール  ¥1,680

フェランテのときはブラウン色を張ってもらいましたが、

今回はベージュ色の気分でした。(特に意味はありません…)

これで滑りにくくなるし、ソールの減りも気にしなくて済むのでガンガン履けそうです。

もしラバーが減ったら、またベチャリと張ってもらえばいいだけです。

この価格で靴が長持ちするなら、すごく経済的じゃないでしょうか。

2011年9月25日 (日)

ローゲージニットは着やせする!

UOMO11月号でこんな記事が載っていました。

今年の大ブレークであるローゲージニットの利点について。

UOMO11月をまだ読まれていない方は必見です!


信頼感とやさしさを備える男にふさわしいニットアウター。

今季、選びの基準はふっくらと空気を含んだローゲージだ。

ところが、ゆったり加減が魅力のローゲージニットの装いは、

ともすると「太って見える?」の疑念がつきまとう。

しかし、ニットだからこそのメリットをフルに利用すれば、

着やせ効果も期待できるのだ。そのポイントを紹介しよう。

 
まずは前あきで縦ラインを強調すること。

ボタンフライのニットでは上下のボタンを留めないことで、

着こなしに縦方向のラインが生まれ、縦長=スマートに見える視覚効果が得られる。

次に体型を隠せる厚手仕立てを選ぶこともオススメ。

ピッタリした薄手のニットは、身体のラインを強調してしまう。

厚手でゆったりと着るローゲージニットは、体型を目立たなくさせる利点がある。

さらに編みや柄で目くらましをすることも狙いたい。

ケーブル編みや色柄入りの要素を持つローゲージニットは、

まわりからの視線を分散。

体型から目をそむけさせる効果もあるので、着やせ効果あり。

オススメは、ドルモアのカシミヤウールのニット(¥66150)。

カシミヤウールゆえのしっとり感が魅力だ。

 
【『UOMO』2011年11月号(9月24日発売)「ローゲージニットは『着やせ』する」より】

ベヴィラクア×GTAカーゴ!

昨日久しぶりに家族でショッピングに出掛けました。

とても爽やかな秋晴れで気持ちよかったです。

まずいつもの服装紹介から↓

Dsc02769

Dsc02768

Dsc02773

ベヴィラクア ウエスタンシャツ

GTA ベージュカーゴ

アンドレアダミコ スエードベルト

オロビアンコ シルベストラ

アントニオ マウリッツィ スリッポン

ストラスブルゴで買ったベヴィラクアのシャツを腕まくり。

このシャツは着丈が短いので、出しても良かったんですが、

今回はパンツにINの気分でした。

GTAをロールアップして軽快感アップ。

本屋へ寄り、最近お気に入りのこちらを購入↓

Dsc02771

UOMO11月号

表紙に書いてある「ローゲージニットでリラックス」に惹かれちゃいました。

私の大好きなローゲージ特集です。

となりにLEONもありましたが、今回は記念号だからかすごい分厚さでした。

松坂屋で娘の靴を買い、大好きなハーブスでランチをして帰ってきました。

2011年9月24日 (土)

ミドルゲージニット4枚!

ミドルゲージのニットが大好きで、一昨年あたりから買い続けています。

先日紹介したザノーネのスタンドカラーで4枚目になります。

こちらです↓

Dsc027632

左上 ザノーネ タートル オフホワイト

右上 ザノーネ スタンドカラー ネイビー

左下 クルチアーニ コットンVネック カーキ

右下 クルチアーニ コットンクルーネック ブルー

ちょうどウールとコットンが2枚ずつ。

コットンミドルは春秋と着られる期間は短いですが、

ついつい買ってしまうんですよね。

そのため、あまり売れ行きはよくないらしいですが、

これからもコットンミドルの展開して欲しいですね。

ミドルゲージニットといえば、このザノーネとクルチアーニは絶対に外せません。

2011年9月23日 (金)

ジョンスメ×SOLIDO!

台風も過ぎ、少し涼しくなってきました。

朝晩は肌寒いくらいです。

昨日の夕方、娘の散歩ついでに近所のカフェに食事に行ってきました。

そのときの格好は↓

Dsc02766

ジョンスメドレー ハイゲージコットンニット

こんな涼しい時期に重宝するのが、コットンニットです。

それもこの時期はハイゲージコットン。

ミドルゲージコットンはもう少し寒くなってからですね。

ジョンスメのハイゲージは肌触り抜群。

素肌に着ていて気持ちイイです。

そしてコットンなので洗濯も楽々。

ネットに入れてジャブジャブ、太めのハンガーにかけてハイ、オシマイ。

そしてパンツは↓

Dsc02767

SOLIDO(ソリード) スウェットパンツ

リラックス着になりますが、センターに線が入っているため

上品に見え、スラックス感覚で穿けます。

そしてなにより穿き心地がイイんです。

パジャマでお出かけするような気分(笑)

全体はこんな感じ↓

Dsc02765_2

ちょっとした近所のお出かけに最適な格好ではないでしょうか。

靴はステファノガンバのドラシューを履きました。

だんだん涼しくなってきて、オシャレを楽しめる季節になってきました。

あれもこれも着たいモノばかりです。

2011年9月22日 (木)

ニットのネック高について!

インポート物のタートルやスタンドカラーのネック高がちょっと気になります。

昨日ご紹介したザノーネのスタンドカラーのニットですが、

今回の襟はそれほど高くなかったんで良かったです↓

Dsc02757

しかし昨年のモデルは異常に高かったですね↓

Z0263kyoton3_2

自然に折れ曲がってしまうくらい高かったんです…

せめてスタンドカラーというだけあって、スタンドしてて欲しいと思います。

今年は襟のリブの編み方が変更になっており、

おそらく高さも改善したのではないでしょうか。


タートルネックの場合、微妙にネックが長すぎると感じます。

手持ちのザノーネのミドルも、ジョンスメのハイゲージもほんの少し長いんです。

欧米人向けの高さに設定されているのでしょうか。

日本人向け(私向け?)にもう少し短くしてもらえるとありがたいなっていつも思います。

私は基本的に二つ折りが好きなんです。

持っているタートルのネック高(二つ折りの高さ)を測ってみました↓

ザノーネのミドルゲージタートル→  6センチ

デラチアーナ ハイゲージタートル→ 7センチ

ジョンスメドレー ハイゲージタートル→ 6センチ

私には6センチだとほんの気持ち長いんです。

別に私の首が短いわけではないと思いますが…

デラチアーナは7センチもあるので、三つ折りにしたいくらいです。

今年のザノーネのフレックスウールのミドルタートルもちょっと長そうですね。

あまり長いと苦しそうに見られたり、逆に顔の大きさが強調されてしまいます。

雑誌のモデルさんのように、背も高いし首も長い(顔も小さい)ので似合いますが…

私がタートルを購入する場合、念のためネック高も測ってもらっています。

長くても買ってしまっていますが(笑)

首は1センチ違うだけでだいぶ印象が変わると思います。

あと1センチほど短いと私にはジャストなんですが、みなさんどう思われますか?

2011年9月21日 (水)

ZANONE(ザノーネ) KYOTO購入!

ローゲージニット争奪戦のまず第一弾として、

大好きZANONE(ザノーネ)を購入しました。

こちらです↓

Dsc02752

ZANONE(ザノーネ) スタンドカラーニット KYOTO ¥36,750

ザノーネ通の方ならKYOTOというモデルご存知かと思います。

昨年はショールカラーカーディガンがKYOTOというモデルでした。

なぜか今年はスタンドカラーがKYOTOとなっています。

今年のショールカラーはKYOTO-Tというモデルで販売されるそうです。

なんかややこしいですね…

色は定番のネイビーです↓

Dsc02762

さすがザノーネネイビー。

美しいの一言。

このザックリ感もたまんないです。

そして着用写真はこちら↓

Dsc02756

先日買ったグランシャツと合わせてみました。

ちなみにグランシャツも同じスローウエアグループ。

少し落ち着いた合わせですが、今季風じゃないでしょうか。

こういう色のシャツの方がパッとします↓

Dsc02758

ボンジョルノのチェックネルシャツです。

やはり赤系チェックと相性イイですね。

パンツとの相性はこちら↓

Dsc02760_2

JWブライン 緑カーゴ

鉄板ですね。

合わないはずがありません。

もちろんこの色とも合います↓

Dsc02761_3

GTA ベージュカーゴ

少し上品な印象になります。

ネイビーはどんな色のパンツとも相性いいですね。

靴はネイビーのチャッカなんかが気分です。

今回は第一弾としてスタンドカラーのニットを買いましたが、

実はまだ欲しいローゲージニットがあるんです。

でも争奪戦に負けちゃうといけないので、いまの時点では言えません(笑)

もし購入できましたら、第二弾として皆さんにお伝えしたいと思います!

2011年9月20日 (火)

ショールカラーカーディガン争奪戦!

ローゲージのショールカラーカーディガンが今年も大流行しています。

私もショールカラーは持っていないので1着は欲しいですが、

争奪戦に勝てるかどうかわかりません…

今年はいろんなブランドからショールカラーが販売されています。

まず代表格のブランドから↓

29_02

左 ドルモア ケーブルニットカーディガン

右 ザノーネ ショールカラーカーディガン

大人気の2大ブランドと言っても過言ではありません。

ドルモアはすでに入荷予約の段階で、

キャンセル待ちが出ているらしいです。。。

右のザノーネのニットはもう販売されていますが、こちらも品薄。

確かにどちらもカッコイイですねぇ~

こちらも注目です↓

34974081

デラチアーナ ジャガード織りカーディガン

こちらもイタリアの名門ニッター。

私もここのブランドは大好きで、ハイゲージを4枚ほど持っています。

サイズバランスが素晴らしく、とても上品にみえるんです。

こちらはショールカラーというより、ジャケットに近い襟ですね。

実際に触りましたが、カシミアが20%入っているので、とても柔らかく軽いです。

ただこの柄は好みが分かれるかもしれません。

こちらのブランドもいい感じ↓

P01

SCAGLIONE(スカリオーネ) ショールカーディガン

タイトシルエットらしく、着丈も短めで今年の雰囲気にピッタリ。

それにいい感じのザックリ感。

重さはどうなんでしょう?

服の重さってけっこう大切で、あまり重いとホント肩凝ることあるんです。

これ人気が出るかもしれませんね。

昨年人気だったこちらはどうでしょう↓

34797724

スリードッツ ウールカシミアショールカーディガン

手の届きやすい価格で、昨年も人気でしたね。

こちらも試着しましたが、けっこういい感じでした。

こちらもカシミア混で、デラチアーナほど柔らかくないですが、

チクチク感はまったくありません。

別に全然悪いわけではないんですが、いつもイタリア製を買っている自分からすると、

made in 中国ってのが若干気になるところです。


他に注目するブランドとして、

あのバルバからショールカラーが販売されるらしいです。(確かな情報ではありません…)

ちょっとマイナーかもしれませんが、パオロペコラやロベルトコリーナも注目です。

今年のショールカラー争奪戦、すでに戦いは始まっています!

2011年9月19日 (月)

ZANONEのフレックスウールが熱いらしい!

ザノーネといえば、イタリアの名門ニットブランド。

スローウエアグループのニット部門。

私も昨年、オフホワイトのミドルゲージタートルを買いました。

今年もショールカラーやタートル、スタンドカラー等

いろんなショップで入荷しているらしく、早々に売り切れるかと思います。

今月のメンズEXに載っていたネイビーのショールカラーは、

ほとんどのショップで既に売り切れていますね。

そんな大人気のザノーネですが、

フレックスウールという素材がとてもイイ感じらしいんです。

先日『グローリガイ』さんに行ったときに、色々情報を得てきました。

私のタートルはメリノウールで、ザックリ目で少々重みがあります。

しかしフレックスウールはかなり柔らかく、メリノよりすごく軽いそうです。

残念ながら手に取って見たわけではないのですが、

ショップの方が言うには、すごく肌触りがよく気持ちいいらしいんです。

グローリーガイさんの画像を拝借↓

Img_1980_2

ZANONE ミドルゲージタートル フレックスウール

色は左から、グレー、カーキ、ネイビー。

18日付のブログでこのミドルゲージタートルが公開されています。

欲しい方はお早めにお問合せ下さい。

フレックスはメリノより少々毛羽立った感じで、カシミアのような雰囲気があります。

見るからにふんわりしていて軽そうです。

メリノももちろんいいんですが、確かに少々重たいと感じていました…

少々マニアックな内容になってしまいましたが、

そんなザノーネのフレックスウール、今年注目したいと思います。

2011年9月18日 (日)

ローゲージニット争奪戦!

昨年に引き続き、今年はローゲージのざっくりニットが大流行しそうですね。

私も昨年、ZANONEのミドルゲージタートルを買いました。

そんな大好きミドルの私ですが、また今年も買い足したくなってきました。

候補としては↓



①ZANONE(ザノーネ)

 スローウエアグループのニット部門。

 このブランドは毎年大人気で、

 今季もいろんなショップで問い合わせがすごいらしいです。

 今年はショールカラー、タートル、スタンドカラー、ジップアップなどが展開されています。

 ショールカラーやタートルは、おそらく完売必至でしょうね。

 また一部でフレックスウール素材を使っており、

 相当軽くて抜群に気持ちイイらしいです。


②ドルモア

 メンズEXにも掲載されていましたが、ケーブルニットカーディガンが大人気の予感。

 (おそらくまだ発売されていないと思いますが…)

 値段も魅力的なので、相当売れるんじゃないでしょうか。

 他にもカシミヤ混のショールカラーの展開があります。


③SCAGLIONE(スカリオーネ)

 イタリアのニットブランドらしいのですが、初めて聞きました。

 今季いろんなセレクトショップで展開されるそうです。

 ザックリとしたローゲージショールカラーが魅力です。


④2B3(トゥービーフリー)

 ザノーネと同じく、スローウエアグループに所属しています。

 メンズEXでも紹介されていましたが、独特の素材使いですね。

 これからどんな商品を出してくるのか楽しみです。



ショールカラーを狙うか、またタートルでも狙うか迷っていますが、

今季も絶対ミドルニットを手に入れたいと思います!

2011年9月16日 (金)

グランシャツ購入!

先日、仕事で岡崎に行く用があったので、

帰りにここのショップへ寄ってきました↓

Dsc02743

名古屋から車で約1時間、『グローリーガイ』さんです。

本当はなにも買う予定はなかったんですが、店内をブラブラしていると、

一際目を引くカッコイイシャツを発見。

フィナモレやバルバとはまた違う雰囲気のシャツなんです。

それはこちら↓

Dsc02744

グランシャツ  サイズ38  \21,000

今月のメンズEXで大々的に特集されていてご存知かと思いますが、

あのスローウエアグループの中のシャツブランドになります。

有名なインコテックスやザノーネも所属しています。

置いてある状態を見ただけでは、一見普通のチェックシャツに見えますが、

実際に試着したらすごくカッコ良かったんです。

着用写真はこちら↓

Dsc02748_2

Dsc02747_2

普通のチェックシャツとは一味違う、どこか落ち着いた雰囲気のシャツです。

地味すぎないし、派手すぎない絶妙な塩梅のチェックです。

60年代を再現した柄だそうですが、古臭さをまったく感じさせません。

写真ではわかりにくいですが、起毛生地ってのもまた季節感あっていいんです。

他にグリーン系のチェックシャツ(18,900円)があり、それも迷うくらいカッコよかったです。

これにショールカラーニットなんかを合わせたら今季風ですね。

お店にあったスリードッツのショールカラーニットを合わせたら、

すごいカッコ良かったなぁ~。

ここの店員さんも気さくで、いろいろ親身になって着こなしのアドバイスをくれるので、

とても買い物しやすいです。

それに本当ここのセレクトは厳選され、大手とはまた違う魅力ある商品が多いです。



家に着いてから、スローウエアのページを見てみようとメンズEXを広げてみると、

なんと偶然まったく同じシャツが載っていました↓

Dsc02751

P158の右下にあるシャツとまったく同じです。

こうやって雑誌で見るとあまり購買意欲は湧きませんが、

実際着てみると全然雰囲気が違うので、やはり試着は大切ですね。

あとこのシャツにこんなの付いているんですね↓

Dsc02745

予備ボタンはどのシャツにもだいたい付いていますが、

襟芯を入れるポケットが付いているんです。

別に大したことないけど、知らなかったなぁ~

これから秋冬にガンガン着ていこうと思います。

2011年9月15日 (木)

合コンでの出来事!

先日、友人から合コンの誘いがあったので行ってきました。

一人が都合悪く急に来れなくなったみたいなので、代わりに誘われたんです…

なんか独身時代を思い出してすごく楽しかったです。

そんな合コンでの格好は↓

Dsc02742

ギローバー ポロシャツ

エディフィス リネンジャケット

インコテックス コットンリネンパンツ

フェランテ ISEO

オロビアンコ シルベストラ

お相手は某有名デパートのアパレル販売員。

服装はお姉さん系というかAneCan系。

やはり見る目が肥えているのか、男性陣の服装をすかさずチェックされます。

お店に入って靴を脱ぐことになり、不覚にもスリッポン用の靴下を脱ぎ忘れてたんです…

そしたら女性陣の一人から、

「なにその靴下~!」

「女の子用じゃない?」

とけっこう大きな声で言われる始末…

注目の的となり、かなり恥ずかしかったです。。。


みなさんはスリッポンを脱ぐとき、靴下はどうされていますか?

私は絶対靴下を履きたい派なんです。

なるべく靴を脱ぐときに一緒に靴下も脱いでカバンにしまうようにしているんですが、

それがまた帰りに履くとき恥ずかしいんですよね…

なにかいいアイデアあったらぜひ教えて下さい!


またスリッポンを履いていると必ず言われるのが、

「石田純一みた~い!」

もう言われ慣れていますが、

そんなにスリッポンって女性たちに浸透していないんですかねぇ?

友人たちは全員スーツで、自分一人カジュアルな格好だったので、

ツッコミどころ満載だったんでしょうね。

ネタになって会話に繋がるのでオイシイ反面、ちょっと悲しいような複雑な気持ちです…


そんなこんなで色々と盛り上がって楽しかったです!

合コンで座敷や掘りごたつの場合、

スリッポン用靴下を必ず脱ぐか、始めから履かないようにしましょう!

2011年9月13日 (火)

夏用靴をメンテナンス!

今年の夏はスリッポンやドラシューをよく履きました。

これからは大好きチャッカへ移行していきますが、

まだ10月くらいまではスリッポン履けそうですね。

そんな夏靴を全部出して掃除をしました↓

Dsc02739

左上から

アントニオマウリッツィ クロコ型押し

アントニオマウリッツィ 

GUCCI ホースビット

ステファノガンバ ドライビングシューズ

フェランテ ISEO

エモジオーニ サンダル

一番よく履いたのが、右下のステファノガンバのドラシューです。

普段履きとして使っているので、ちょっとしたお出かけにも履いています。

革が柔らかく、ソールも減りにくいのでまだまだ履けそうです。

次によく履いたのが下真中のフェランテのスリッポンです。

先日つま先補強をしました。

こうしてみると、茶系の靴ばかりですね。

わたくし、茶がよほど好きみたいです。

2011年9月10日 (土)

INCOTEXコーデュロイ×ヴァルスター

今回はコーデュロイパンツの着こなしをご紹介します。

以前から何度も言っていますが、私が今年してみたい着こなしは、

茶系のトーンオントーンのコーデなんです。

そこでコーデュロイパンツに一番合わせたいのがこちら↓

Dsc02736

ヴァルスター ブラウンベージュスエード

一昨年にエディフィス名古屋で買ったものです。

ヴァルスターの詳しい記事はこちら。

見ての通り、コーデュロイパンツほど色は濃くありません。

スエードとコーデュロイの相性は抜群で、両方とも秋冬にはもってこいの素材です。

そんなヴァルスターとの組み合わせは↓

Dsc027242_3

トゥモローランド チェックシャツ

デラチアーナ コットンニット

ヴァススター

インコテックッス

ちょっと写りが悪く色がわかりにくいですよね…

今年の秋冬はこんなトーンオントーンの茶系スタイルで合わせてみたいんです。

ヴァルスターのボタンを留めるとこんな感じ↓

Dsc02729

Dsc02730

ちょっぴり大人な雰囲気の茶系コーデがいまの気分なんです。

足元はスエードのチャッカが合いそうです。

他にも色々なコーデが思いついたので、また秋にでもなったらお伝えしたいと思います。

2011年9月 9日 (金)

INCOTEX コーデュロイお直し②

今回は穿いた写真をご紹介いたします。

自分撮りなので、あまり上手く写っていませんが悪しからず…

正面から↓

Dsc02717

やはりパンツ専業ブランドのインコテックス。

穿き心地は抜群ですね。

続いて横から↓

Dsc02719

ヒップから裾にかけて、とてもキレイなラインです。

後ろからも撮ってみました↓

Dsc02720

新しいJ35は股上が若干浅くなっているので、ヒップがより引き締まってみえます。

次回はこのパンツとのコーデ写真をご紹介したいと思います。

2011年9月 8日 (木)

INCOTEX コーデュロイお直し①

先日購入した、インコテックスのコーデュロイパンツのお直しが済んだので、

ご紹介していきたいと思います。

まずお直し後はこちら↓

Dsc02714

修理店の方と相談した結果、裾丈だけ詰めることにしました。

裾幅の詰めも考えていましたが、生地が分厚いので、1センチ程度では

あまり変わらないと指摘を受けました。

確かに前回は薄手のコットンリネンだったので、1センチでけっこう変わりましたが、

今回はかなり生地が厚いので違うんでしょうね。

この状態でも19.5センチなので、太すぎってことはないんです。

それに秋冬はチャッカを履くことが多いので、あまり細いとシワになってしまいます。

とりあえずしばらくはこれで様子を見てみます。

裾はこんな感じでキレイに仕上がっています↓

Dsc02715

裾丈詰め(手まつり) ¥2,400円

コーデュロイはミシンで縫うと生地が潰れてしまうらしく、

念のため手縫いにしてもらいました。

ミシンなら1,000円くらいのところ、ちょっと高いですね…

いつもスレ止めも付けてもらっています。

次回は穿いた写真をご紹介していきたいと思います。

2011年9月 7日 (水)

半袖ヒートテック購入!

朝晩は涼しく秋らしくなってきました。

私はユニクロに行ったら主に下着類を買います。

やはり外せないのが、シルキードライやヒートテックなどのシャツ類です。

今年買った肌色のシルキードライは相当活躍してくれました。

とても薄く、それに肌色なのでポロシャツの下に着ても全然透けないです。

そして秋冬はヒートテックが活躍しますが、

そんなにまだ寒くもない秋口なんかは、

長袖のヒートテックではちょっと暑いときがあるんです。

そんなときにあると重宝しそうなのがこちら↓

Dsc02706

ユニクロ 半袖ヒートテック   ¥790

買うなら絶対に肌色です。

以前はよくゼニアやグリジオペルラの白シャツを着ていましたが、

リネンシャツの下に着ると透けることがあったんです。

それを防ぐためにも肌色は最強ですね。

程よいVの深さも気に入っています。

2011年9月 6日 (火)

フェランテISEO 補強!

半年前に買ったフェランテのISEOですが、

週1ペースくらいでしか履いていませんでしたが、

すでにつま先が削れてかなり減ってきてしまいました。

レザーの減りが早いのはわかっていましたが、ここまで早いとは思ってもいませんでした。

同じフェランテで、履き過ぎて穴が開いてしまったと聞いたことがあるので、

そうなる前に早めに対処をしようと思い、修理屋さんへ持っていきました。

そして仕上がりは↓

Dsc02710

つま先補強(ラバー)         ¥1,365

ビブラムハーフラバーソール   ¥1,680

つま先補強はスチールも考えましたが、滑りや音が気になるらしく、ラバーにしました。

ラバーといってもウレタンとゴムの二層構造になっているので耐久性は十分かな。

ついでにハーフラバーも張ってもらいました。

雨でも滑りにくいし、なにより革の減りを防げます。

せっかくの革底にラバーを張るなんて邪道だなんて言う人もいますが、

私はただこの靴を長く履きたいだけで、そこまでのこだわりもありません。

これで3,000円。

繰り返せば何年と履くことができます。

いずれトップリフトも交換しないといけませんが。

とてもキレイな仕上がりです↓

Dsc02712

お店は靴修理専門店の「Resh」リッシュ名古屋店。

次はグッチのホースビットにラバーでも張ってもらおうと思っています。

2011年9月 5日 (月)

大雨の日のお出掛け!

昨日は大雨の中、家族でお出かけしてきました。

まず松坂屋で「赤ちゃん泣き相撲大会」があったのでそれに参加。

その後ランチしてから、午後から「しまじろうコンサート」へ連れて行きました。

そんなお出かけのときの格好は↓

Dsc02707

ドルモア ロングスリーブポロ

ベトウィン デニム

ステファノガンバ ドラシュー

大雨で濡れるのが嫌なので、ベトウィンをロールアップして穿きました。

このベトウィンかなり細見ですが、後ろが切り返しになっているため、

なかなか穿き心地はいいですよ。

デニムは窮屈なので、今まであまり穿かなかったんですが、

これなら多少伸びるので窮屈感はありません。

一見すると、シヴィリアにも見えなくないくらい似たシルエットです。

そして足元は、濡れても構わないガンバのドラシューです。

大雨の日だと、オシャレして出かける気分になりません…

2011年9月 3日 (土)

秋冬INCOTEX J35購入!

先日ブログで、今年の秋冬の格好は、

コーデュロイパンツと茶系スタイルを目標にすると書きました。

以前の記事はこちら。

ちゃんと有言実行しましたよ↓

174brw1

INCOTEX J35 ブラウンコーデュロイ  ¥29,400

初めて『CINQUE CLASSICO』さんのネットショップで購入しました。

コーデュロイって秋冬の定番ですが、あまり人気がないのか、

ショップで売れ残っているのをチラホラ見かけます。

しかし独特の素材感や暖かみといい、秋冬にはもってこいだと思います。

『guji』さんから、インコレッド603のコーデュロイ素材が出ていますが、

やはりクリースが入っていた方が私好みかも。

でも603もかなりカッコイイですね!

もう一本いっちゃおうかな!? もっと濃い色なら良かったんだけどなぁ~

私はグッチのコレクションを見た瞬間に「絶対欲しい~!」って惚れちゃいました。

グッチのはモード系でかなり細いですが、

インコは適度な細さで足をキレイに見せてくれます。

ちなみにサイズは46です。



シンプルにこんな感じで合わせてみたいですね↓

Dsc00074_2

ザノーネ ミドルゲージタートル

コーデュロイと最強の組み合わせは、ツイードジャケットなんですが、

残念ながら持ち合わせておりません…

茶系のザックリツイードあたりが欲しいなぁ~

またまた欲しいモノが出てきちゃいました。。。


それといま裾の処理のことで悩んでいます。

丈はもちろん短くしますが、裾幅を1センチくらいつめようかどうか迷っているんです。

前回モディファイしたコットンリネンのインコは、

スリッポンに合わせることが多いのでつめて良かったんですが、

これはほとんどチャッカに合わせることが多いので、どうしようかと…


またお直し後に穿いた写真をお伝えしたいと思います!

2011年9月 2日 (金)

お直し後のインコを穿く!

名古屋からも近い豊田市でディズニーのライブがあったので、家族で観に行ってきました。

初めて観る生ミッキーに娘は興奮していました。

さてそのときの服装は↓

Dsc00058

ジョンスメドレー ISIS

インコテックス コットンリネンパンツ

フェランテ ISEO

ちょっと写りが悪くてすみません…

先日モディファイしたインコを穿きました。

丈を4センチ短くし、裾幅を1センチ細くしました。

以前と比べてかなり軽快になり、スリッポンがより履きやすくなりました。

お直し前はこちら↓

Dsc02684

まったく同じ格好です。

以前は膝下が少々もたついていました。

というかロールアップしないと丈が長すぎだったんです…

それにスリッポンを履くと裾がヒラヒラして気持ち悪かったんです。

お直し後は、もたつきもなくなりホント気持ちよくなりました。

つくづく穿く度に思いますが、インコテックスって素晴らしいブランドですね。

自分でも足が長くなったかなって錯覚するくらいキレイなシルエットです。

2011年9月 1日 (木)

秋口にしてみたいスタイル!

ネットショップでスタッフさんがモデルになってよく商品紹介していますが、

一見簡単そうに見えますが、実際は結構大変な作業だと思います。

自分も秋の装いでコーディネートしてみました↓

Dsc00055

ボンジョルノ チェックシャツ 

デラチアーナ コットンニット 

PT01 グレンチェックウールパンツ

普通ですが、今年の秋はこんな格好をしてみたいです。

クーラーが付いているとはいえ、今の時期に秋冬の格好をするのはかなり暑いです…

それにせっかく出した物をまた片付けるのは正直面倒くさいですね…

それがショップの仕事と言ってしまえばオシマイですが、

これを毎日続けようと思うと、大変な努力が必要です。

その分、こういった努力をしているショップはやはり見応えのあるサイトになっています。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »