スポンサーリンク

楽天市場お勧め商品

  • バナー原稿 120×60 (110131)imp

    バナー原稿 120×60_a (130913)imp



« セカンドMACを狙え! | トップページ | ボリオリ春夏新作ジャケット! »

2012年2月17日 (金)

春夏ベージュパンツを比較!

先日購入したPT01が、ベージュパンツの3本目になります。

手持ちの春夏ベージュパンツの比較をしてみたいと思います。

まずはパンツの紹介から↓

Rimg0001

左   GTA TWISTED コットン

中央 インコテックス J35 コットンリネン

右   PT01 パームビーチ コットンポリ

これでは色がわかり辛いですよね。

実際はこんな感じの色です↓

Rimg0007

GTAは黄色味が強く、インコは茶色寄りで、

PTはグレージュに近いベージュです。

そして重ねて置いてみました↓

Rimg0002

上からPT→インコ→GTA

ご覧のように、明らかにPTが細いのがわかります。

裾幅近くを拡大してみます↓

Rimg0004

GTAの裾幅が一番太いということになります。

インコの裾幅は昨年お直ししているので、

実際より-1㎝の18.5cmです。

そしてワタリ部分の方に目をやると、

インコがどんどんGTAを追い越していきます↓

Rimg0005_2

そう、インコのワタリが一番太いという結果に。

インコはモモ付近は太いですが、裾幅はぐっと細くなった

強めのテーパードになっています。

お直ししてあるのだから当然こうなるわけですが…

どのパンツよりも圧倒的に細いのがPTということは、

おわかりいただけたでしょうか?

最後になりますが、もしお持ちのパンツの裾幅やワタリを

モディファイされる場合に気を付けることがあります。

この写真を見て下さい↓

Rimg0009

中央のつなぎ目部分ありますよね?

一番左がインコになりますが、

右のGTAやPTと縫い方が違いますよね?

服飾に関して詳しくないので表現が難しいですが、

インコは内側で縫い合わせてあります。(内ステッチ?)

GTAやPTは外側で重ねて縫ってあります。(外ステッチ?)

お直しする場合、ここの糸をいったんほどくわけですが、

インコの内縫いは内側で左右同じように詰めて

調整できるのでいいですが、

GTAやPTのような外ステッチの場合、

細くする際にステッチがずれてくるため、

跡が残ってしまうそうです。

なんか説明がヘタクソですみません…

お直し専門店に聞いていただくのが一番ですが、

以前手持ちの外ステッチのパンツをお直しに出そうとしたところ、

そういう指摘を受け、やめたという経緯があります。

跡が目立っても構わないという方は別ですが、

どんなパンツでも必ずお直しできるわけではないようです。

参考までにお伝えしました。