スポンサーリンク

楽天市場お勧め商品

  • バナー原稿 120×60 (110131)imp

    バナー原稿 120×60_a (130913)imp



« クルーネックを着こなすには!? | トップページ | ここのストールいい感じですね! »

2012年10月31日 (水)

良い靴を履くとは!?

時々こういったコメントをいただきます。

「もっと良い靴を履いたら?」とか

「いい服着ているのに、靴が死んでいる」

と言ったお言葉をいただきます。

よほど靴に拘りがある方なのでしょうか?

男性は特に靴や時計・車に拘る方が非常に多い分野ですからね。

確かに最近履いているステファノガンバのスエードチャッカなんて

2万円もしないので正直安いと思います。

しかし安い=悪いの判断はよく見て履いてから言ってもらいたい。

私は履き心地や見た目など全体的に満足しています。

おそらくブランドや値段を知っているからそう言うのであって、

絶対に見た目ではわからないはず。

では高い靴を履けばカッコ良くなるのでしょうか?

靴が死んでいると言える理由は何なのか?

と私には不思議に思うのです。

私は何度も今まで繰り返し言ってきていますが、

すべての着こなしはトータルバランスだという考えなのです。

これ見よがしな靴だけピカピカ最高級というのは嫌いです。

靴も服との全体のバランス(調和)がとれているのが理想。

あと靴に高い投資をして、服が全然買えないようでは悲しい。

そのためガンバのようなコスパの高い靴は嬉しい限り。

「それって安物の靴だねぇ」なんて言われたこと

一度もありませんから(笑)

プロがパッと見ただけでも判断できないはず。

靴は着こなしによって高くも見え、安くも見えるものです。

見た目がカッコ良くてそこそこの履き心地なら十分というのが

私の靴に対する想いです。

私にとって靴も服と同じファッションの一部にすぎません。

結局は自分がこれだと思って選んだモノを履くのが一番ですね。