スポンサーリンク

楽天市場お勧め商品

  • バナー原稿 120×60 (110131)imp

    バナー原稿 120×60_a (130913)imp



« INCOTEX SLACKS 629 コーデ④! | トップページ | 春のお出掛けスタイル! »

2013年4月25日 (木)

パンツ収納について!

ようやく体調が回復してきました。

今日は全国的に暖かくなるそうですね。

こうも気温差があると体調管理が大変です…

みなさんもお気を付け下さい。

さて、今回はパンツ収納についてお伝えしたいと思います。

それもクリース入りでないパンツの収納についてです。

Rimg0008

クリース入りパンツはこのようにハンガーで挟んで

収納していると以前お伝えしました。

ではクリースが入っていないパンツはどうやって収納しているのかを

ご紹介したいと思います。

Rimg0011

クリースが入っていないパンツは、

このように折り筋で挟むのが普通だと思います。

しかしこうやって挟んで収納していると、

穿くときにちょっと違和感が出てきます。

それは裾が横へ広がって見えるからです。

そうすると裾が立体的に広がらず、

細いパンツでも太く見えてしまい、

なんだか足がやたら短く見えてしまいます。

ショップで陳列されている新品のパンツを試着したときに

そのように違和感を感じだ方いませんか?

キチンと畳んで上に何枚も重ねて陳列されているため

重みでプレスされているようなものです。

私はそれを試着するといつも違和感あるんですよね。

実際は穿いていくうちに徐々に取れていくのですが、

肝心な試着の時点でそんな状態だと正直悲しいです…

ではどうしたらいいのか?

私はこのように収納しています↓

Rimg0012

クリース入りパンツと同じように挟んで収納しています。

そうすると多少の折り目が付いてしまいますが、

穿いたときに立体的に裾が広がって、

足も長く見せられる効果があります。

ハンガーを外してパンツを広げると↓

Rimg0013

このように折り目が付いてしまいますが、

穿いてしまえばそこまで目立ちません。

実際に私が穿いた写真を見比べてみると↓

Rimg0013_2

Rimg0030

どちらも同じパンツですが、下の方が細く見えませんか?

裾が立体的になるため、スッキリ見えるんです。

説明が下手なせいでわかりにくい方も多いかと思いますが、

私はこのようにクリースの入っていないパンツを収納しています。