スポンサーリンク

楽天市場お勧め商品

  • バナー原稿 120×60 (110131)imp

    バナー原稿 120×60_a (130913)imp



« 大人気過ぎるZANONE(ザノーネ)KYOTOの着こなしを振り返る! | トップページ | 豪雨の影響で本日のブログは予定変更します! »

2013年9月 4日 (水)

Mario Muscariello(マリオ・ムスカリエッロ)ギンガムチェックシャツ購入!

日本各地で異常気象が起きています。

先日の竜巻も怖いですね…

2階部分が吹き飛ばされている家もありますからね。

竜巻が日本で普通に起こるなんて考えてもいませんでした。

スコールのような異常な雨の降り方といい、

日本は熱帯化しているのでしょうか。

それとも何かが起きる予兆??

さて、今回はシャツの購入レポートをお伝えします。

いつものブランドではなく、珍しく違うブランドに挑戦しました。

Rimg0003

Rimg0006

Rimg0007_2

Rimg0009

Rimg0008_2

Mario Muscariello(マリオ・ムスカリエッロ)

ギンガムチェックシャツ トープ サイズ38  

¥25,200  購入店:グローリーガイ

ドレスシャツを買うのは何年ぶりだろう?

しかし私はこのシャツを敢えてカジュアルで使うつもりです。

カジュアルと言っても、ドレス寄りのカジュアル使いです。

これまでカジュアルシャツはフィナモレとバルバ一辺倒でした。

もちろんカッコイイのは言うまでもなく、これからも着続けますよ。

しかし昨今のカジュアル志向のシャツ展開に

少々マンネリを感じてきたのも事実です。

今季はバルバのチェックシャツ一枚しか購入していません。

けっして飽きたわけではありませんから(笑)

そろそろ違う雰囲気のシャツがあってもいいよなぁと思っていたところ、

グローリーガイさんが今季プッシュしているこのシャツと出会いました。

ナポリのカミチェリアですね。

元々マリオムスカリエッロというブランドは知っていましたが、

カプリシャツやシャツジャケットのイメージがあまりに強く、

ドレスシャツと聞いて初めはピンときませんでした。

しかしいろいろ説明を聞いていると、かなり手の込んだシャツなんです。

ハンドの工程がこんなにもあるんです。

Rimg0010

Rimg0016

Rimg0017

ショルダー、アームホール、前立て、ボタン留め、剣ボロのステッチと

5工程がハンドで行われています。

着用写真や着心地については次回お伝えしますが、

ハンドが入っているため自然な感じでとても動きやすいです。

背ダーツが入っていないため、自然な絞り込みがイイ感じです。

日本人の体形に合うように一から作り直したということだけあります。

ビームスの中村氏にもお墨付きをもらっているシャツだそうです。

それにこれだけ手が込んでいるのに、

フィナモレやバルバとあまり変わらない価格は魅力です。

これだけお勧めされて着ないわけにはいきません。

もし気に入らなかったら文句言ってやりますから(笑)

では次回は着用写真をお伝えしたいと思います。