スポンサーリンク

楽天市場お勧め商品

  • バナー原稿 120×60 (110131)imp

    バナー原稿 120×60_a (130913)imp



« 私の着こなし論!過去に流行ったアイテムでも新鮮に見せる着こなし方はあります! | トップページ | CINQUANTA(チンクワンタ)コットンリネンベルテッドライダース購入! »

2013年12月10日 (火)

John Lobb(ジョンロブ)のダブルモンクWILLIAM(ウィリアム)を試着しに行ってきました!

普段行かないというか行けないショップに入るとワクワクしちゃいます。

ちょっと緊張もするのですが、なんか異次元の空間というか美術館に

来たような感じがしてすごくワクワクさせられます。

今回お伝えするジョンロブの店内へ入ったときそんな気持ちになりました。

よくある靴屋さんのようにずらーっと並べられていない靴はまさに芸術品。

たまにはこういう所に入って感性を磨かないといけませんね。

さて、今回はそんなジョンロブへの試着レポートをお伝えします。

Tumblr_mg2teavcus1rk2yo6o1_500

私が今一番欲しい靴はJohn Lobb(ジョンロブ)です。

もちろん憧れの靴です。

今年頑張った自分へのご褒美に奮発しようかと計画中。

ブログも365日毎日更新できたし…

家族全員無事に過ごせたし…

と何かと理由をつけないと、とても買える靴ではありません…(苦笑)

本当は来年あたりで狙っていましたが、早めて今年中に欲しい。

以前にもこちらでお伝えしていますが、

今ダブルモンクの靴がすごく欲しいんです。

イタリア伊達男たちを見ていてもダブルモンク率がすごく高い。

私はもちろんカジュアルオンリーでの使用です。

それにいつもスエード靴ばっか履いているせいか、

表革の靴が欲しくてたまりません。

そこで先日松坂屋にあるジョンロブ名古屋へ行ってダブルモンクの

WILLIAM(ウィリアム)を試着してきました。

ちなみにWILLIAM(ウィリアム)とはこれです↓

Tumblr_mqvvqtr2qm1rr8w60o1_500_2

黒と茶の2色展開ですが、私はもちろん茶色が欲しいんです。

茶色というより、赤茶に近いです。

実際に見てみると惚れ惚れするほどカッコイイ。

そして足のサイズを測ってもらっていざ試着してみると、

めちゃくちゃ硬い!でもカッコ良すぎるんです。

鏡の前で思わずウットリしてしまうほど…

新品なので当たり前ですが、ソールがまったく返らないくらい硬い。

でもグッドイヤーは履いているうちに徐々に馴染んできて、

自分の足によりフィットしてきますからね。

新品でも包み込まれるホールド感はよく感じられます。

木型はウィリアム専用の9795ラスト。

つま先は尖がりすぎず丸すぎずの絶妙なラインです。

正直履き心地はまだよくわかりませんが、

決め手はこの美しすぎるラインです。

そして一番の問題であるお値段は17万円。

専用シューツリーやラバーソール貼り、

ケア用品を含めると約20万円。

予想はしていましたが高いですね…

ここから松坂屋カードとポイントアップを組み合わせれば

最大1割ちょいの値引きが期待できます。

さすがに即決はできませんでしたが、お取り置きしちゃいました。

あまりのカッコ良さにくおそらく年内には買ってしまうと思います。