スポンサーリンク

楽天市場お勧め商品

  • バナー原稿 120×60 (110131)imp

    バナー原稿 120×60_a (130913)imp



« ボストン型サングラスとクラシックな服は相性抜群!OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)MCKINLEY装着レポート! | トップページ | 妙に帽子(ハット)が気になる!帽子スタイルがカッコイイ伊達男を集めてみました! »

2014年7月22日 (火)

インポートセレクトショップに異変!?今季はセール品がけっこう残っているように思うのは私だけでしょうか?

東海地方では昨日梅雨明けが発表されました。

これからが夏本番です。

しかしインポート服はこれからが秋冬物の本番です(笑)

入荷ラッシュも始まりますからね。

今季はどんなブランドが注目されるのか?

どんな新しいアイテムが展開されるのか?

いろいろ楽しみです。

さて、今回は自分なりにインポートセレクトショップについて

考えてみたのでお伝えします。

Tumblr_n85ydb9qph1r46882o1_1280

以前にも少しだけお伝えしましたが、

今季の春夏セールはどのショップもけっこう在庫が

残っているように感じます。

昨年までならすぐ完売してしまうような人気ブランドも

今季はけっこう残っていることが多い。

たまたま自分が見たショップがそうだったのかな?

正確なところはわかりませんが、

今季は例年とはちょっと何か違うような気がしてしまいました。

一体何が起こっているのか自分なりに考察してみました。

①ここ数年でトレンドも一巡し、少々マンネリ気味になってきた。

②ネットを含め競合ショップが増えてきた。

③為替と消費増税の影響で値上がりした。

④割安な並行輸入のショップへ流れている。

①は私自身もすごく感じています。

ここ数年、2大シャツブランドと言われるフィナモレやバルバが

ブレイクしていましたが、ここ最近は一巡したのか

だいぶ人気も落ち着いていますね。

以前は入荷したら即完売ってのも当たり前でしたが、

今季はセールまで残っているものもある。

シャツに限らず全体的にトレンドが一巡してしまって、

消費者は何か新しいモノを求めているのではないでしょうか?

②の競合ショップの増加ですが、

確かにここ数年でインポートファッションの需要は増え続けています。

そのためネットを含め競合ショップも同時に増えてきました。

顧客の奪い合いが起こってきているのでしょうか?

③の為替と消費増税の影響ですが、

確かに今季はWパンチで値上がりしましたが、

これは以前の安さから比べてであって、

一概に今が高いとは言えません。

今後はもっと値上がりするかもしれません…

昔はもっと高い時期もあったのですからね。

ただ安い時期を一度知ってしまうと、少々手が出しにくくなるのも事実。

④の並行輸入ショップの影響ですが、③とも共通する部分があり、

以前の安い価格を一度知ってしまうと、

まったく同じモノを高く買うのには気が引けてしまうことがあります。

そこで割安な並行輸入のショップへ流れているようです。

実際、当ブログ経由のショップ売上傾向をみていても、

ここ最近並行輸入ショップの売上が急増しています。

並行輸入って正規代理店を通っていないだけであって、

商品は本物ですからね。

まったく同じモノが割安な価格で販売されていたら

そりゃどちらを買うか決まっていますよね。

並行輸入価格は正規ショップで年中セールをやっているようなものです。

正規ルートで仕入れているショップには脅威ではないでしょうか?

まとめ

自分なりに勝手に考えてみましたが、

いろんな要素が複雑に関係しているのだと思います。

これからインポートセレクトショップも激しい競争になってくるのでしょう。

どのショップへ行っても同じモノが並んでいては、

徐々に魅力はなくなってきます。

いかにそのショップ独自のセレクトや路線を打ち出せるか。

売れるアイテムは万人ウケするようなアイテムが多いのですが、

逆にマニアックなアイテムやコアな顧客を掴むことが

これからショップに必要となってくるのではないでしょうか。

ブログ運営も同じで、万人ウケするような記事より

マニアックな記事の方が人気がありますからね。